箱入り息子の恋 フル動画無料視聴方法

箱入り息子の恋
2013年製作/117分/日本 予告動画を検索
職場と自宅を往復する毎日を送る健太郎は、彼女いない歴=年齢の35歳。見かねた両親が親同士が婚活する“代理見合い”に参加し、お見合いをセッティングする。健太郎はそこで出会った、病気で視力を失った美女・奈穂子に生まれて初めて恋に落ちるが…。
出典: U-NEXT
箱入り息子の恋
総合評価3.6

解説/鯉西編集部

当サイト(KoinishiMovie)を運営中。

#01
箱入り息子の恋
フル動画無料視聴方法

「箱入り息子の恋」はU-NEXTの無料期間を利用して0円で視聴することができます。

U-NEXTは31日間のお試し期間が設定されており、期間内に解約すれば料金が発生しません。

「箱入り息子の恋」
無料視聴の流れ
STEP.1 登録
U-NEXTに登録(2~3分程度)します。登録方法は、以下の通りです。
U-NEXTの登録方法
U-NEXTの登録方法1
「まずは31日間無料体験」を選択し、登録画面に移動します。
U-NEXTの登録方法2
お客様情報を入力し、「次へ」を選択します。
U-NEXTの登録方法3
決済方法を入力して「送信」を選択すると、会員登録は完了です。黄線の日付までに解約を完了すると料金は一切発生しません。
STEP.2 視聴
登録後は、すぐに作品を視聴できます。「箱入り息子の恋」と一緒に以下の作品も配信中です。
STEP.3 解約
登録から31日以内にU-NEXTを解約(2~3分程度)します。解約方法は下記のとおりです。
U-NEXTの解約方法
U-NEXTの解約方法1
「契約内容の確認・変更」を選択します。
U-NEXTの解約方法2
「解約はこちら」を選択します。その後2~3回「次へ」が続きます。
U-NEXTの解約方法3
「同意する」に✓を入れ、「解約する」を選択します。
U-NEXTの解約方法4
以上で解約は完了です。念のため「契約内容の確認・変更」を選択し、利用中のサービスがなくなっていることを確認すると安心です。
無料期間が長い
31日間
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
配信作品が多い
16万作品以上

#02
箱入り息子の恋
作品情報

「箱入り息子の恋」は、2013年に公開されたラブコメ映画です。この映画で星野源は初めての主演を務めました。市役所に勤務する35歳の真面目な主人公が目の不自由な女性と代理見合いで知り合い、恋に落ちていく物語です。

近年、日本人の男女の婚期はどんどん遅くなっています。30代後半になっても結婚していない人に出会うことも増えてきました。今婚活中の方や親に結婚を急かされている人、結婚したいと思っているけど良い出会いに恵まれない人に、ぜひ見てほしい映画です。

作品データ

上映時間117分
製作年2013年
製作国日本
原題-
配給キノフィルムズ
公式サイト映画『箱入り息子の恋』公式サイト

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞 2014年

ノミネート新人俳優賞

#03
箱入り息子の恋
予告動画・あらすじ

予告動画

あらすじ

市役所に勤務する天雫健太郎(星野源)は、真面目だが女性と接するのが苦手で、35歳になっても結婚に対する意欲が見られず、両親に心配されていた。親に反抗することもなく、夜遊びをすることもない立派な息子なのだが、健太郎の両親は息子の将来が心配になり、健太郎に内緒で親同士が子供を紹介し合う婚活イベント、“代理見合い”に参加した。

そんな両親の努力を全く知らない健太郎だったが、ある日土砂降りの雨の中歩いていると、傘を持たずに柱に掴まって立っている女性に出会う。女性と話すことが苦手な健太郎だったが、なぜかその時女性に傘を渡してしまったのだ。帰宅後、健太郎は両親から“代理見合い”のことを聞かされる。はじめは「見合いなんてしない」と言っていた健太郎だったが、お見合い相手の女性の写真を見ると、先程の傘を渡した女性が映っていた。それでも気が進まない健太郎だったが、両親に説得され、健太郎はお見合いを決意するのだった。

#04
箱入り息子の恋
主題歌・挿入歌

主題歌

高田漣 feat. 細野晴臣「熱の中」

#05
箱入り息子の恋
キャスト・スタッフ

監督
市井昌秀
脚本
市井昌秀
田村孝裕
原作
-
出演
星野源
夏帆
平泉成
森山良子
穂のか
柳俊太郎
竹内郁子
佐山こうた
中林薫平
柴田亮
音楽
高田漣
製作
市井昌秀

#06
箱入り息子の恋
見どころ

星野源

主演の星野源の演技の振り幅が素晴らしいです。健太郎は凄く真面目でおとなしい男性なのですが、真面目過ぎる故に起きてしまう変な行動を演じるシーンは、まるでコントでした。全裸のシーンや蛙の鳴き真似をするシーンもあります。

全裸なのに、上手いこと大事な部分が隠れているのでコミカルで、凄く修羅場なのに全裸なので笑えてしまいます。 映画初主演とは思えない振り幅です。本人も昔はモテなかったようなので、よりリアルに演じることができたのかもしれませんね。 音楽活動もされている方なのですが、残念ながらこの映画では歌唱シーンがありません。主題歌も彼の曲ではありません。だからこそ、全力投球の星野源の演技を見ることができます。 音楽活動だけでなく俳優としても、今後いろんな作品に出演していってほしいですね。ちなみに、映画公開当時は35歳ではなく32歳だったようです。星野源本人の結婚も楽しみですね。

夏帆

目の不自由なヒロインを演じる夏帆の演技も、思わず見入ってしまいます。目が見えないという役柄なのですが、常にどことなく目の焦点が合っていなくて、物を持ったり食事をしたりする時の仕草も本当に見えていない…というより顔は正面を向いたまま手元を見ずに演じていました。

時折手が震えてしまうところや探り探り物を掴む様子が、本当に目が見えていないのではないかと思うほど素晴らしかったです。 見えているのに見えていないように演じるのって、とても難しいのではないでしょうか。目を完全に閉じてしまえば本当に見えていないので同じような環境を作ることはできます。しかし、夏帆が演じる菜穂子はずっと目は開いたままなのです。実際に目の不自由な方もそうなのですが、目が開いているのに見えないのです。独特な空気感が作り出されていて、思わず惹きこまれてしまう演技でした。

健太郎の独特な癖

星野源演じる健太郎の独特な癖がたくさん登場します。几帳面すぎる人がついやってしまっているであろう癖を、見事に演じてくれています。職場のデスクを整理整頓して帰る姿には、思わず吹き出してしまいました。

ありえないと思ってしまいそうになりますが、実際に潔癖症の方にお会いしたことがあるので、妙にリアルで感心してしまいました。 健太郎には凄く変な面白い癖がたくさんあるのに、それが菜穂子には全く見えていないのかと思うと、ほっとするような、少し残念なような、複雑な気持ちになりました。

#07
箱入り息子の恋
感想・評価

地味だからこそ味わう悲しい経験

健太郎は昔からたくさん苦労してきたんだと思います。どちらかというと私も派手なタイプではないので、地味だからこそ味わう悲しい経験をした過去もあります。 自分が地味だから辛い目に合ってしまうというところもありますが、必ずしも本人のせいだけではないと思うのです。

元々の自分の性格に加えて、周囲の環境、出会う人、いろんなことが混ざり合って、最後に運が関係していると思います。辛い経験をせずに生きて来られた人って、ある意味ラッキーなのだと思います。 作中で健太郎は菜穂子の父に酷いことを言われてしまいます。菜穂子の父と健太郎は、明らかにタイプが違いました。どちらかというと菜穂子の父は運のいい成功者なのでしょう、しかし視聴者側から見ても、傲慢な人だと感じました。 自分で気づいていないだけで周りからは嫌な人だと思われている。そういうこともあるということを、改めて実感させられました。

菜穂子の思い

目が見えないってどんな気持ちなのか、あまり深く考える機会はありません。しかし、菜穂子の健太郎への想いや愛情を見ていると、その大きさに比例して切なさや苦しさも感じました。

自分がもっと普通だったら、1人で何でもできる人間だったら…。作中で菜穂子は一切このような言葉は口にしませんが、時々勝手に想像してしまいました。と言うよりも、言葉として出てこないので余計に考えてしまいますよね。 ネガティブなことを言ってしまっては健太郎に嫌な思いをさせてしまう…そう考えているのでしょう。それに加えて菜穂子は凄くポジティブなのでしょう。ピアノで指を震わせながら「月の光」を演奏しているシーンを見ると、本当に尊敬してしまいます。

恋のキッカケ

お見合いってあまり良いイメージがありませんでしたが、お見合いをきっかけに素敵な恋が始まることもあるんだなと思いました。実際、お見合いはきっかけ作りでその後は本人同士の頑張り次第なんですよね。気が合うかどうかというところも大事だと思います。

ただ、意外と恋愛ってその始まりのきっかけを作るのが難しいというところもあります。凄く相性が良くても、出会えなければ恋は始まりません。出会っても、どちらも積極的になれなかったら始めることができません。そう考えると、お見合いって案外悪くないのかもしれないなと思ってしまいます。 ただ、親同士で子供を紹介し合う”代理見合い”は私は気が進みません。お見合いをするなら、最初から自分で話してみたい相手を選びたいですね。

みんなの感想・評価

#08
箱入り息子の恋
まとめ

映画を観る前はコメディ映画と聞いていたので、たくさん笑うぞー!というつもりで観たのですが、予想外に感動させられてしまいました。まず、目が不自由な女性と恋に落ちるという設定だけでもうるっときてしまうのに、健太郎の不器用だけど凄く優しい性格が、涙を後押ししてきます。

しかし、最後の最後まで感動させられっぱなしなのかなと思ったら、所々おかしいシーンがあります。ありえない…!と爆笑してしまうシーンもあります。真面目なシーンに笑いを持ってきてくれてるのです。笑った思えばハラハラさせられ、ほっとしたと思ったら泣かせにきます。いろんな感情を往復させられ、忙しくて映画を観終わった後はちょっとしたアトラクションに乗った気分でした。

無料期間が長い
31日間
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
配信作品が多い
16万作品以上